home > event production > 「第5回JSIPシンポジウム」シンガポールの医療従事者500名と出会える展示会 を2018年10月にシンガポールで開催

event managiment 「第5回JSIPシンポジウム」シンガポールの医療従事者500名と出会える展示会 を2018年10月にシンガポールで開催

jsip_top

はじめに

 

シンガポールを皮切りにASEAN各国はこの先急速に高齢化が進んでいきます。最新のシンガポールの 統計では人口に占める65歳以上の割合(高齢化率)が2030年には20%を超え、絶対数では    約90万人となると言われております。そのため、国をあげて高齢化や医療の質改善・効率化に取り組み始めています。日本は2010年までに高齢化率20%を迎えており、これまでの医療・福祉における日本国内の様々な取り組みが他国にとって役立つことになるでしょう。

IMG_1332

IMG_1392

JSIPという取り組みは2013年から始まり、これまで4回シンポジウムを開催しています。この先迎える高齢化に対し、日本とシンガポール、両国の専門家がお互いの国の現状と取り組みを紹介し、高齢化にどのように対応していくかの意見を交換し、両国の医療・ヘルスケア分野における知識と技術を向上させるを目的としています。

前回のシンポジウムは「Diet, Health & Aging」をテーマに開催、日本から「日本食と健康の関連性」や「スマイルケア食」などが紹介され、シンガポール側からは「健康でいるための食生活」などの内容が紹介されました。これらの内容に関心がある医療・介護施設やナーシングホームのスタッフなどが両国から合計約400人参加し、熱心に話に聞き入る一方、休憩時間には各社の展示ブースに立ち寄り、紹介されている医療・福祉機器を興味深く試されていました。

このように両国の医療関係者が集まるこのシンポジウムに出展し、御社の製品を参加者に紹介できるほか、シンガポールの現状を見ることができる医療施設視察ツアーやビジネスマッチングに参加することができます。

シンポジウム開催概要

 

第5回JSIPのテーマ

HealthTechin Primary and Community CareLiving well, Aging well

プライマリ・ケア、コミュニティーケアにおけるヘルステック ~ 良く生き、良く年齢を重ねるために~

 

近年、医療・介護関係のテクノロジーの進化はすさまじいものがあり、様々な製品が医療の現場で使用され始めていますが、 シンガポール、ASEAN諸国も例外ではなく、医療分野へのIT化が進んでいます。JSIPはプライマリ・ケア、介護分野において、先進的な日本のIT・またテクノロジーをシンガポール、ASEANに展開していきたいと考えている医療系メーカー・サービス提供者において、現地の医療従事者と直接触れ合える良いマッチングの場となります。

■  名称:The 5th Japan Singapore lnter-Professional Collaboration (JSIP) Symposium

■  会期: 2018年10月20日(土) *9月22日から変更になりました

■  会場: Academia (Singapore General Hospital) / 20 College Rd, Singapore 169856

■  入場料:無料

■  主催: JSIP事務局、Vivid Creations、SingHealth Community Hospitals

■  後援: 在シンガポール日本国大使館、在シンガポールフィンランド大使館

■  出展内容:医療・介護に関する機器・サービス

■  出展規模: 35社(企業・団体)

■  来場者数: 500名(予定)

■  来場対象:医師・ナース・セラピスト・栄養士・介護医療関係者・政府機関・IT医療従事者・関係者

■  特別企画:

① 医療施設視察ツアー  (メイン・プラチナ・ゴールドスポンサー対象)

② 出展者によるワークショップ (メイン・プラチナ・ゴールドスポンサー対象)

③ ビジネスマッチング

スピーカー紹介

佐藤健一 先生

日本プライマリ ・ケア連合学会代議員、認定専門医、指導医

札幌医科大学を1997年に卒業、北海道家庭医療学センターで初期研修と後期研修を終了。その後沖縄や大阪で高齢者医療やリハビリ医療の経験を経て、現在シンガポールで日本人向けのクリニックにて勤務。日本で培った高齢者医療介護の知識を元に、シンガポールのPublicの医療・介護関係者との交流を深め知識の普及に尽力している。

 

展示会出展のメリット

メリット1

参加対象者を医療機関、ナーシングホーム、政府機関など医療・介護に勤務している方に限定しているため、医療業界の担当者に効率良く、御社の製品をプロモーションすることが出来ます。

メリット2

日系企業が一堂に会して出展することで、単独でプロモーションする場合に比べ高い集客効果と商談機会の増加が期待されます。

メリット3

シンガポールの一般的な展示会に比べ、安価な出展費用で出展出来ます。

メリット4

追加装飾やシンポジウムへの参加に関しては、Vivid Creationsが一括して、日本語、英語でサポートすることが可能です。

メリット5

出展費用はシンガポールドル、日本円でもお支払可能です。

 

昨年の実績

開催日時:2017年 7月1日
会場:The Academia, Singapore General Hospital
参加者:450名(シンガポールの医療従事者、医師・看護師・理学作業療法士、日星政府関係者、等)
出展社: 22社(コマニー、ヤクルト、サイバーダイン、テルモ、スミロン、パラマウントベッド 等)

4th jsip

 

本件お問い合わせ

Vivid Creations Pte Ltd(ヴィヴィッドクリエーションズ・シンガポール現地法人)
Tel:+ 65-6522-0527       Email:jsip@vivid-creations.biz       担当:小野・宮川・齋藤